2010年6月13日 (日)

大ヒット、間違いない!

そういえば、、、
「間違いない!」ってフレーズで
一世を風靡したあの芸人は、今何処?

それはさておき、

あの作品の映画化。
果たして誰が主演をやるのか、
ずーっと気になってました。
嵐の桜井くんが主演なら、
ヒット間違いないねhappy02

私の頭ン中は、もうすっかり桜井くんが栗原一止になってますhappy01
ハルさんは蒼井優ちゃんのイメージでしたが、
宮崎あおいちゃんでも全然アリです。

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

おっちょこちょい!

Dvc00034

先日、購入してカフェで読書してたら、
な~んか内容に覚えがあるのですよ。

「以前に立ち読みでもしたのか?」

と思ったけど、超リスペクトする大先生のエッセイなので、
立ち読みなんてせずに即購入するはずなんだけどなぁ。

と思ったと同時に、ある疑惑が……。

家に帰ってとっ散らかってるクローゼットの中を確認すると、
ありました。同じ本が……(苦笑)

あ~、これで何度目だ?
他にも同じ本を購入した経験が3回くらいあったと思うんだよね。

なんだか、「おっちょこちょい!」ってメリー・ジェーン校長の声が聞こえるわ(笑)
(メリー・ジェーン校長は「キャンディ・キャンディ」を知っている人しかわからないんだな)

| | コメント (0)

2010年4月20日 (火)

決定したぞ☆2010年本屋大賞

くーーーっ、残念! 2位……。

とりあえず、大賞の【天地明察】冲方丁さん、おめでとうございます。

早速、購入したのでこれから読みます。

でもね、、、

書店に設置されてる検索機で調べたら、

在庫があるはずなのに探しても見つからない……。

で、店員さんに聞きました。

冲方丁の【天地明察】、在庫があるはずなのに見つからないんですと。。。

そしたら、、、

棚の下の引き出しに入ってたcoldsweats01 それも、1冊だけ……。

まあ、明後日あたりからは平積みでしょうな。

| | コメント (1)

いよいよですわよ

2010年の本屋大賞が今夜決まりますわっ!

嗚呼、神様、どうかあの作品に大賞を獲得させてください(笑)

あれが大賞獲れば、ああなってこうなってそうなって、

お仕事の話が進むかもしれないからぁぁぁぁ!!!!!(切実なお願い…)

| | コメント (0)

2010年1月14日 (木)

第142回芥川・直木賞

決まりましたねぇ。
数日前から気になってましたが、
まさか白石氏が獲るとは驚きです。
いや、いい意味でね。
いつかは獲る人だと思ってましたが、
もう少し先かな?と予想してたので…。

とはいえ、以前候補になったこともあるし、
本来の受賞対象で考えれば時期的に妥当か?

でも、白石氏の作品は気分が軽い時でないと読めない。
気持ちが滅入ってる時に読むと、内容に入り込んじゃって
気分が悪くなるんですの…私。
でも、「ほかならぬ人へ」はまだ読んでない…。


それより、芥川賞が該当なしとは、
やはりハードル高いね、芥川(笑)

同時受賞の佐々木譲氏「廃墟に乞う」は
NHKかWOWOWあたりでドラマ化しそう(笑)

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

再来年の大河ドラマ

Dvc00016

超楽しみです。

| | コメント (3)

2009年10月18日 (日)

小手鞠るい中毒

どうしても読みたくなってしまった。
先日購入した小手鞠るいさんの本たち。

玉手箱

欲しいのはあなただけ

ウッドストックの森の日々

読んでしまった。

読みたくて読みたくて眠れないほどだった。
読みたくて気になって眠れないんだったら、
眠らずに読めばいい。
そう開き直って読んでしまった。
3冊とも。1日1冊のペースで。。。

さらに今日も「空と海のであう場所」を購入して読んでしまった。

ああ、完全に小手鞠るい中毒だ、私。

好きな作家は沢山いるけど、
全作品を買い揃えて読破したいと思ったのは小手鞠さんが初めて。

でも睡眠不足には気をつけないと。。。
先月、睡眠不足で仕事中にぶっ倒れちゃったから(苦笑)

| | コメント (1)

2009年10月 7日 (水)

愛しの猫プリン

ここ数ヶ月、諸事情で数十冊もの本を読んでいますが、
古本が苦手な私は書店で購入して読んでました。
でも、もう限界です。
何って、そりゃもうこれですよ、これ!
(親指と人差し指で○を作ってみて)
湯水のように出て行くんですよ、これが。

そんなわけで、古本は苦手でも図書館で借りて読んでみて、
これぞと思ったものだけ書店で購入することにしました。
背に腹はかえられません。。。

でも、書店に行ったら行ったで、
色んな新書に目が行っちゃうんですよねぇ、これが。

今日、久々に書店に行ったのですが、
案の定、タイトルが目に付いたと同時に手に取って
中身も見ずにレジへ直行して購入したエッセイ本が
これだ!(ザ・ベストハウス123風に)

Dvc00013

購入理由は2つ。
作者が最近気になっている作家、小手鞠るいさんだということ。
それから、タイトル。

【愛しの猫プリン】

なんてステキな偶然!
小手鞠さんちのねこちゃんと、うちの坊やが同じ名前だなんて!

読みながらウンウンと頷いてみたり、クスッと笑ったり、
考えさせられることもしばしば……。
最後は涙を流しながら、うちのプリン(信長さん)を
ぎゅーっと抱きしめて、命の温もりを感じてみたり。。。
文体もすごく読みやすいし、猫好きの方には是非読んでいただきたい本です。

あ、ちなみにただの猫好き親ばかエッセイではありません。
作者の小手鞠さんは米在住で、そこで受けた人種差別や米暮らしの
お話も書かれています。

| | コメント (1)

2009年7月 5日 (日)

活字中毒になりそうだよ

最近読んだ本の中で、面白かったものを紹介。

イニシエーション・ラブ(乾くるみ/著)
内容はこれといって面白いとは思わなかったんだけど、
読後のトリックには驚いた。
これ、映像化は絶対無理でしょうな。

ワーキングガール・ウォーズ(柴田よしき/著)
仕事に疲れたOLに読んで欲しいな。
これ読んで明日からまた仕事頑張りましょ!

私という運命について(白石一文/著)
内容は決して悪くない。悪くないんだけど、重い……。
なんていうか、これは気分が重いときに読んじゃいけない本だね。
今わたし、自分の将来に悩みや不安を抱えている時期で、
そんな時これ読んでたら気持ち悪くなってきた。
不安や悩みがない時に読んだほうががいいと思う。

それぞれ1日で読みきりましたよ。。。
(1日で読まなきゃいけないノルマ。。。泣)
仕事以外の時間と睡眠時間削ると読めるもんだね。

| | コメント (0)

2009年6月13日 (土)

面白いの?「1Q84」

高校生の時、「ノルウェイの森」を読んだが、
いまいち私の中にはしっくり来なかった。
以来、私は村上春樹作品を読んだことがない。

先月発売された「1Q84」が既に100万部を突破する
ベストセラーとなったが、
読んだ人たちの感想を聞いていたら、
なんだか読みたくなってきた。

しかーし、現在私は読まなければならない本が
山のようにあり(半義務なのです)、
書かなきゃならないものも締切が迫っているし、
「1Q84」読めるのは来年以降になりそう……。

| | コメント (0)